読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛という名のエゴイズム。

いわるゆジャニーズおたくの記憶とメモの垂れ流し。君が好きだ!言葉にならないよ!

SHOCK

SHOCK梅田芸術劇場 2014/09/08 18:00公演


一年ぶりの大阪公演ですが、ついこないだのことのよう。
関西テレビや劇場の皆さんが準備をしてくださって、
我々はステージで全力を出しきればいい空間を創りだしていただいたおかげです。

本当につかれた!でも気持ちいい兎疲れです。


光「オーナー役に森久美子さんが帝劇に続いて、
大きくなってもどってきてくださって(笑)」
ふぉ「わがまま!わがままばでぃ!」
光「そう、わがままw(胸が)溢れそうなんだもん。衣装入りました?」
もりくみさん「出しました。本当にごめんなさい」
光「いやいや、これでこそもりくみさんですよ!
美味しいところとか教えてくださってて、
長丁場はどうしても免疫力が落ちるからって、
ビニール手袋にシャワーキャップ、マスクして差し入れの料理を作ってきてくださる!」

わがままバディが、はやってるようで、
打ち上げや屋上のシーンでも、よく言ってました。


一年ぶりに内がやってきて、
錦織さんのオザタクなどでつんできたけいけんをいかして、
更に一回り大きくなって帰ってきてくれた。
こいつは褒めるから、褒めてやらない。
すぐ調子に乗るから。
さっきの芝居よかったよって褒めたら、
「え?なにがっすか?」って(笑)


内「さっき光一くんとお風呂に入ったんすよ。
二人共血まみれで。」
光「今日だけだぞ。ジャパネスクが終わって、二人でね。大浴場があるから」
内「二人で酸素ボンベを酸素を吸って、バンってすてて、お風呂にジャパーン!って」
光「ジャパネスクだけに」
ふたりで「ジャパーン!!」
内「恒例にしたいっすね」
辰「えー、俺達も入りたい!カンパニーのみんなでね!」
もりくみさん「私も入りたいー!」
辰「いやいや、女性だからw」
光「もりくみさん入ったら、お湯が溢れてなくなっちゃう!」
一同「ちょ、失礼!!」
もりくみさん「大丈夫、私が入ったら少しの量で満タンになるから!エコよ!」
一同「エコ!エコ!!エコ!!!(笑)」

リカはゲネプロで最後のセリフをど忘れした、と暴露するこーいちさん。
リカ「えっ、言わなかったらわからなかったじゃないですかー!」
辰巳「そんな、こーいちくんが黙ってるわけないじゃないっすか(笑)」
光一「でも本番でちゃんと出来てたからいいんだよ。キュートなリカでね。」


光「ふぉ〜ゆ〜は…。いっか!」
ふぉ「ちょ、ちょちょ!!次そろそろかなぁって、準備してたんですから!
みんな、若干前に出てきてますしね(笑)」
(コーイチさんがしゃべりだすと、元の位置に下がる)
光「2月3月とSHOCKにでて、夏はプレゾンに出て、また成長した姿を見せてくれた」


光「山本は…金髪になって戻ってきました」
山亮「僕もプレゾンに出てたんですよ!」
光「このへんでやめておこうか。あほがバレる。」
山亮「言いたいことがあるんですよ!
今日終わったじゃないですか。お腹が空いて、お腹が空いて!」
越「わーわわわ!(山亮の口をふさぐ)」
金髪になってから、またあほさが増した!
喋るとアホがバレる!
しゃべると事故がおきる!
と、みんなはやし立てる。ww


ずっと爆笑しているもりくみさん。
ふぉ「本当にこーいちくんのトーク好きっすねぇー」
もりくみさん「本当に好きなの(笑)」
光「適当なんですけどねー」


大吾「今日初日で、ずっと練習していて、本当に不安で押し潰されそうで、いま感無量です!!」
光「いま感無量でどうする(笑)まだあと○公演もあるのに(笑)」

光「今回、大吾が初参加ということで、
慣れているところを見せちゃいけないって、
内がリハから全力で。
どうした?って聞くと、『大吾が初めてだから不安にならないように』って言ってて。
でも、そのリハの演技が一番良かった(笑)」

コーイチ復帰の初顔合わせのとき。
コーイチ「ダイゴ!ダイゴー!」
ダイゴ「ウィッシュ!」


光「今回は3階席もあってね。あ、手を振っても、見えてません」
辰「見えてるじゃないっすか!!!!」
客「きゃー!」
光「(笑)前の方は見てません。ってやめよう、このコンサートのMCのノリ」