読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛という名のエゴイズム。

いわるゆジャニーズおたくの記憶とメモの垂れ流し。君が好きだ!言葉にならないよ!

あの日、V6からの信頼を、私たちファンは壊した。

V6の10周年のアニバ大阪公演の話の事件?が話題になっていたので、
ポツポツと投下したツイートをまとめてみた。

ちなみに、
大阪城ホールは、スタンドが上段と下段に別れていて、その間に通路がある。
かつては、そこにトロッコが通っていたこともあります。
(最近は某Gで復活したようです)
V6の通路にファンが殺到したことが関係しているのかどうかはわかりませんが、
以来、大阪城ホールでの通路トロッコはなくなりました。
消防法の関係と言うことですが、真偽はわかりません。。


その日、私はスタンド下段、通路の後ろから2列目、階段そばの席でした

愛メロで通路に現れて、坂本くんが通路を歩きだした途端、スタンド下段の階段をのぼってくる人達。
ビックリして、のぼってくる人を静止しても、無視され突き飛ばされる。
我先にと階段を登ってきて、座席にはまばらにしか人のいない状態に。
下から座席を踏んでのぼってくる人まで現れ、
席においていた鞄や、買ったばかりのウチワ等が踏まれるはめに。

目の前の通路を通ろうとする坂本くんに、伸ばされる多くの手。
坂本くんに少しでも触ろうとして手を伸ばし、
爪を立てるファンが多く、赤く傷が走る。
本当に怖い。
スタッフの制止も無視。
「ふざけんな、来るな」
歌うこともできず、坂本くんの怒りのこもった声がすぐ近くで聞こえる。
それでも、次々に殺到する理性をなくしたファンたち。
いや、もうファンなのか?
怖くて立ち尽くしてしまった私。

イノッチの「痛い、痛い!」という声が、マイクを通して聞こえる。
なんだこれ、と呆然。
スタンド上段からも、階段にファンが降りてきていて、スタッフが通路の柵を必死に押さえている。
本当に必死に。

次の曲の開始までに、メインステージに戻れず。
空気をなだめようとするイノッチ。
怒りを露にする坂本くん。
「ちょっと待ってください」と、なかなか歌いはじめる事もできず。

あれ以来、それぞれの空はトラウマで、聞くことができない。
聞くと、メンバーの怒りのこもった声、表情。
破れた衣装、殺到したファンを思い出してしまう。
先日の投票でも選ぶことができなかった。

本当に申し訳なかったと、ごめんなさいと、
思い返しては、何度も心のなかで謝ってしまう。
あの日、V6からの信頼を、V6ファンは壊した。



みんな自分はマナー違反はしないと思ってる。
でも、回りが全員動いてしまったら?
少し移動したら、メンバーに触れるほどの近さだったら?
自分は本当に流されないと言える?

私は本当に怖くて。
最初制止した人に突き飛ばされたのが怖くて、立ちすくんでしまったので、
私が流されてしまう人にならなかったのは、本当にたまたまです。
その時まで、深く考えてなかった。
マナー違反とされる行為が、禁止されている意味を。

座席移動は本当に危険な行為で、
メンバーも観客も怪我をしてしまったり、事故が起きる可能性が高い。
結果、以降の公演も中止になる可能性が高い。
下手したら、他のグループにも関わってくる。

「座席移動はしない」は、
ウチワは胸の高さで、盛り髪や帽子などの後ろの視界を妨げる格好はしない、というマナー違反とは異なってくる。
ちなみに盗撮は、また違う意味で駄目。絶対駄目。

(私は聞いただけで、見てはいませんが、
過去には将棋倒しになった事例もあります。
ググってみてください。
明石の歩道橋事故のように、将棋倒しは死者が出るよ)




今回コンサートに初参加というツイも多く見かける。
武道館の募金でも、「初めてV6を生でみた!」と興奮してる人も多くて、とても微笑ましかった。
好きって気持ちで行動することは、とても素敵だと思う。
でも、ルールを守らないといけない。
守った範囲で応援するのがファンです。

V6に限らず、残念ながらマナーやルール違反をするファンはいます。
どうかそれを真似しないで欲しい。
マナー違反と危険行為する輩は、古参であってもクズです。
ファンとは言えない。


古参だろうが、新規だろうが、関係ない。
コンサートは、メンバーもファンも皆が楽しむ場所。
楽しむ空間は皆で作り出すもの。
今年は20周年で、感謝を伝えたいといってくれるメンバーの気持ちに、
泥を引っ掻けるようなことはしたくない。自戒も込めて。

メンバーから信頼されるファンでありたい。

メンバーの笑顔が見たい。

見るだけでいいの。
私のことは見なくていい。
天上の人なんだから、下界に降りてこなくていいんだよー。
物理的な距離があっていい、物がなくてもいい。
そんなのは要らない。
ファンサもお手振りも要らない。
ステージ上で最高のパフォーマンスをして、魅了してくれ。
それだけでいい、それがいい。
と、いつも思ってる。


正直、サイン色紙もサインボールも、要らない。
数珠もばらまきも、こっちに投げてくれるなーって念をかけてた。

ほぼ2年に一回しか会えないのに、
そのときに見せる顔が、必死の形相で取り合ってる姿ってどうなのよ??
どうせなら、みんなおすましの可愛い顔をみせようぜ。



と、長々と失礼しましたm(__)m
自戒をこめて。


どっかにまとめろって話ですね…。
この話は定期的に誰かが書いてたり、呟いたりしてるけどさ。
(ので、まとめました。
ツイートをまとめたので、文章の前後がおかしい…)

                                                                1. +

リプで聞かれたことがあるので追記します。


何か最初から、その日のコンサートはいつもの違ったのか?
動きやすい空気などがあったのか?

→同じだったと記憶してます。
コンサート自体は、いつも通りで特段変わったところはなかった。
だからこそ、恐ろしい。
リミッターが外れた人間って怖い。

確かに大阪城ホールは、スタンド通路にトロッコが通りやすく、通路の前後の席の人気が高い。
しけし、その日に限って何かあったのかと言うわけではない。

もしかして、握手会で「直接さわった」ということが関係してくるのかもしれないけど、
心理学とか詳しくないので、わかりません。。。


誇張してない?
→メモもない10年前の記憶ですが、事実です。
もっとキツイ言葉はメンバーからでましたが、
記憶が曖昧な部分は書いていないつもです。
もちろん、座席によって印象は違うし、
その方の感じ方を否定するつもりはありません。


ニコンの客席降りの時も、ひどかったかなー。。
座っていたはずなのに、
じわじわと皆が立って行き、通路に吸い寄せられるように移動してしまう様。
理性大事!


横アリひどかったですね…。
一気に埋まった通路を見て、表情がなかったみやけさん…