愛という名のエゴイズム。

いわるゆジャニーズおたくの記憶とメモの垂れ流し。君が好きだ!言葉にならないよ!

人としての正解、アイドルとしての正解。

某君のおかげなのか、せいなのか。
あの人の対応が、アイドルとしては間違いだけど、
人としては正しいんだよなぁと、
見て見ぬふりしていた部分を見ざるをえなくなってきた。

そもそも、
アイドルとしての正解、人としての正解。
両方とも、そんなものは端からないし、答えなんてない。
正解も間違いも、みんな一人一人違う。
おなじ価値観なんて存在しない。


ただ、自分の職業に、
「アイドル」という職業に、
どう向き合っているのかは、その仕事に就いている本人の考えが反映されてると思ってる。

自分に嘘をつかずに自分らしく居続けるひと、
ファンが求めるアイドルでいるひと、
自分が思う理想のアイドルを体現するひと、
アイドルを演じていることで魅せるひと、

なんでもいい。

でも、そこに誇りはあってほしい。
アイドルという仕事に、真摯に向かい合っていて欲しい。

私にはなんの権利もないけど、
その姿勢が見えなくなる時が来たら、ファンでなくなる日が来てしまうと思ってる。




仕事に納得できたら、正直プライベート何てどうでもいい。
どうでもよくなる。
たとえ、生理的に受け付けなくても、
ただ魅せられて、どうでもよくなるんだ。
ファンってそんなものさ。
そして、私は今日も新しく団扇を作るかどうか悩むんだ。